暗闇の清水寺 〜第三夜〜 誓願式

「誓い」はきっと、力になる。

令和2年1月8日(水)〜13日(月・祝)各日 19:00〜21:00 
各日 5組限定

 
まもなく、令和が初めて迎える新年がやってきます。
新しい一年を、あなたはどんな想いで迎えられますか?
 
夕刻から夜に向かう清水寺には、特別な静寂が訪れます。
暗闇の中、優しく静かに、両手を吐息で暖めるように、「誓い」を言葉にしてください。
その想いが、新しい一年を灯します。
 
国宝「本堂」に、ただ一人。
夜、普段は立ち入ることのできないその場所で、御一人ずつご祈願いたします。 
 
 
令和二年一月八日から十三日まで、各夜。

 

「誓いや願い」をひとつ、心に持ってお越しください。
ご祈願の際、本堂内に限りお帽子やマフラーはご遠慮頂きますが、くれぐれも暖かいお召し物でご参加ください。
 
受付を済ませて頂きますと、通常非公開の【経堂】へご入堂頂きます。
経堂では、「誓いや願い」を誓願書にお書きください。
受験や禁煙、ダイエットから、人生の決意まで。
「誓い」は本人だけのもの。きっと、あなたの力になります。
その後、お一人ずつ、誓願式へご案内します。
 
【轟門】を抜け、ゆっくりと歩みを進めると、
【清水の舞台】の入り口に辿り着きます。
舞台からは【礼堂廊下】【外陣(げじん)】と構成されていて、
【内陣(ないじん)】へとお進み頂きます。
ご祈願は、清水寺の聖域とも言えるその内陣で行います。
そこには仏様と和尚、そしてあなた以外の参加者は誰もいません。
およそ二十分間、静かにご誓願ください。
「誓い」を仏様にお届けします。
 
月の灯り、音羽の滝の音、冬を渡る風、夜に鳴く生命...。
本堂での誓願式へは、順にご案内いたします。
この間、経堂にてお待ちいただく方は、どうか特別な静寂を、
お感じ入り頂ければ幸いです。
 
それでは、【暗闇の清水寺】でお待ち申し上げます。
 
 
 
 
 

暗闇の清水寺 〜第三夜〜 誓願式 リーフレット 

 

↓PDF ダウンロードはこちらから
暗闇の清水寺 〜第三夜〜 誓願式 リーフレット
 
 

森清顕

もり せいげん

立正大学大学院修了、博士(文学)。清水寺執事補、泰産寺住職。上智大学グリーフケア研究所非常勤講師、立正大学日蓮教学研究所研究員、立命館大学歴史都市防災研究所客員研究員、京都市社会教育委員ほか。千二百年以上の歴史を有する清水寺において、その由来をはじめ、清水観音信仰や京都の文化や風習などに関する法話会や講演、新聞コラム執筆など、より身近に仏さまを感じていただくため積極的な活動を行っている。自身で企画、出演も務めるFM大阪のラジオ番組「西国三十三所 Trip around 33」が【JFN賞2019】地域賞を受賞。

Photo by HIRO KIMURA

開催概要

 
開催日時  

令和2年1月8日(水)〜13日(月・祝)

各日 5組 以下①〜⑤の時間帯

 ①19時00分〜19時20分

 ②19時25分〜19時45分

 ③19時50分〜20時10分

 ④20時15分〜20時35分

 ⑤2040分~2100

※集合解散とも現地となります

会場

音羽山 清水寺

〒605-0862 京都市東山区清水一丁目294 GoogleMap

※集合場所などの詳細は、お申し込み確定後、追ってご連絡いたします。

参加費

おひとり様 15,000円

※ご誓願の内容によって、複数でも参加可能。詳しくはお問い合わせ下さい。18歳未満の方のご参加はご遠慮ください。

※中学生から参加可能ですが、保護者の同伴が必要です。

※費用には特別拝観料を含みます。

※天候により内容が変更になる場合があります。

定員

(各日5組限定)

お申込み

申込みフォームからお申込みいただくか、メール・FAXにてお申込みください。

お名前 ご住所 ご連絡先電話番号を明記ください。

E-mail: funada@kurayami.jp

FAX: 075-320-2910

※定員に達した時点で受付を締め切らせていただきます。

お問い合わせ

暗闇の清水寺 実行委員会

担当:船田 090-9653-8888

E-mail: funada@kurayami.jp